オーバーホール

先にご紹介したRZ250Rですが、ピストンが焼き付いたのを機にエンジンをオーバーホールする事になりました。
焼き付きの原因はキャブレターの大径化に伴うセッティングの際に混合気が薄くなりすぎたようです。


焼き付いたと聞いて取り急ぎ腰上をバラし現状を確認しました。

排気側吸気側
高温に曝される排気側のみでなく吸気側も油膜切れを起こしています。


シリンダー全体に油膜切れによる縦傷がついています。

冷却不足やオイル不足も念頭に置き、ウォータージャケットの点検・清掃、オイルポンプの点検も行いたいですね。

オーナーさんと相談し、腰下までのオーバーホールとなりました。


RZ250Rはフライホイールが固着している事が多いのでエンジンを降ろす前に外します。


エンジンを降ろしました。


クランクはピンのガタつきや全体の曲がりなどを点検し、ベアリングを交換します。


1次圧縮室にアルミ片が・・・焼き付きの影響でしょうか。

クランクケース内はスラッジ(鉄粉が溜まっていました。


クランクシャフト左右のオイルシールを交換します。

やれる時に消耗品は全て交換します。


腰下が組みあがりました。


クラッチとフライホイールも組み上げます。

オイルポンプも点検・分解整備しました。


シリンダーヘッドは燃焼室を磨いてオイルストーンで面出しします。


排気デバイスのYPVSバルブもカーボンが堆積するので磨きます。


排気ポートもカーボンが堆積しにくくなるように磨きます。


ボーリング加工されたシリンダーにクロスハッチを付けます。



先に乗せた腰下に新品ピストンとシリンダーを組付けます。
やっとエンジンが組みあがりました。

このあと補器類・外装を組み上げて完成です。
改めて大径キャブのセッティングと慣らし運転をする事になりました。