ウォーターポンプシール交換

RZRのエンジンはウォーターポンプのシールが破れ、冷却水がクランクケースに漏れだす事がよくあります。
このRZRもその事例に漏れず、冷却水の混入でミッションオイルが白く乳化してしまっています。


右クランクケースカバーを取り外します。
ついでにクラッチも点検します。


湿式のクラッチは乳化したオイルに長期間浸かってしまうとフェーシングがボロボロに崩れてくる場合があります。
今回は問題なしでした。


クランクケースカバー側についているウォーターポンプのシャフト部分を確認します。
ベアリングにうっすらとクーラントが付着しています。
このまま放置すればこのベアリングもアウトですね。



クランクケースカバーの表側からウォーターポンプを確認します。
シャフトに傷があればまたシールを破ってしまうので交換になります。
シャフトは問題ありませんでした。


新品のシールの内側にシリコングリスを塗ります。


シールを圧入します。
シールの表裏を間違わないように挿入し、サイズの合うソケットで打ち込みます。


同様にベアリングも圧入します。


組みあがったら簡易ガソリンタンクを繋いで始動します。
一定時間エンジンをかけたまま放置し、ミッションオイルを確認します。
ミッションオイルに冷却水が混入していなければOKです。